地デジのテレビアンテナ工事、設置、取り付け依頼は、遠くにある工事店よりもお近くのテレビアンテナ工事店が安心!工事クイック東京

地上デジタル放送アンテナ工事、地デジ改修工事は工事クイックへ!戸建て、マンション、共同住宅など様々な建物形態に対応します。BSや110度CSデジタル、スカパー等の各種アンテナ工事も!

お電話でお気軽にお申し込み!0120-707-999へどうぞ!
工事のお申し込み・無料見積はこちら!
Home / お役立ち情報 / 地上デジタル放送を視聴するには
まずは無料アンテナ診断をしてみましょう!

地上デジタル放送を視聴するには

  地上デジタル放送を視聴するには、地上デジタル放送対応テレビ(受信機)もしくは地上デジタル放送対応チューナーと対応するUHFアンテナが必要です。
 
  ■地上デジタルテレビで見る場合
 
■今までのテレビで見る場合
このページのTOPへ

戸建住宅の場合

  VHF受信用アンテナのみ設置されている場合は、新規に地上デジタル放送用のUHFアンテナが必要となります。
 
  UHF受信用アンテナが設置されている場合は基本的には受信できますが、状況によっては、新たにUHFアンテナが必要になる場合や、アンテナ方向の変更等が必要になる場合があります。
 
このページのTOPへ

集合住宅の場合

  現在、UHF放送を受信している設備があれば基本的には受信可能です。
ただし、地上デジタル放送のチャンネルが受信できる共同受信用アンテナの設置や、ブースターの調整または交換、アンテナの向きの変更が必要になる場合があります。
 
このページのTOPへ

ケーブルテレビの場合

  地上デジタル放送を再送信しているケーブルテレビでは、地上デジタル放送を視聴することができます。
ケーブルテレビでデジタル放送を伝送する仕組みは下記の3つの方式があり、市販の地上デジタル放送対応テレビで視聴可能なものや、ケーブル専用のセットトップボックスが必要な場合もあります。
また、当初はトランスモジュレーション方式のみであっても、将来地上デジタル対応テレビだけで受信できるパススルー方式を追加し、両方式を併用することがあります。
どの方式によりサービスされるかについては、ケーブルテレビ会社により異なりますので、詳しくは、ご加入または最寄りのケーブルテレビ会社にお問合せください。
なお、視聴を希望する放送局が実際に視聴可能かどうかについてはケーブルテレビ会社にお問合せください。

ケーブルテレビにおける地上デジタル放送の伝送方式と特徴

  (1) 同一周波数パススルー方式
市販の地上デジタル放送対応テレビまたは外付けの地上デジタル放送対応チューナを接続することで視聴できます。
 
  (2) 周波数変換パススルー方式
変換後の周波数が、UHF帯以外の帯域の場合は、UHF帯以外の帯域まで受信範囲が拡大されている地上デジタル放送対応テレビまたは外付けの地上デジタル放送対応チューナを接続することで視聴できます。
テレビまたはチューナーが周波数変換パススルーに対応している場合には、カタログ等に「CATVパススルー対応」と表示されております。また、お手持ちの受信機が対応しているかどうかについては、メーカーにお問合せください。
  (3) トランスモジュレーション方式
ケーブルテレビ専用のデジタル放送対応のセットトップボックスをテレビに接続することで視聴できます。
 
今までのテレビで見る場合
代表的な工事例一戸建はこちら 代表的な工事例マンションはこちら
このページのTOPへ

問い合わせ・申込 お電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル 0120-707-999

テレビアンテナ工事

お得で安心のサービス

アンテナ工事事例

アンテナ設置の基礎知識

もっと地デジ!

お悩み一覧(FAQ)

工事クイックお役立ち情報

お問い合わせ

このサイトについて・そのほか





棟梁グループのポータルサイトはこちら