地デジのテレビアンテナ工事、設置、取り付け依頼は、遠くにある工事店よりもお近くのテレビアンテナ工事店が安心!工事クイック東京

地上デジタル放送アンテナ工事、地デジ改修工事は工事クイックへ!戸建て、マンション、共同住宅など様々な建物形態に対応します。BSや110度CSデジタル、スカパー等の各種アンテナ工事も!

お電話でお気軽にお申し込み!0120-707-999へどうぞ!
工事のお申し込み・無料見積はこちら!
Home / お役立ち情報 / テレビアンテナの歴史

知ってたら多分得するテレビアンテナとはどうゆうもの?


有名な八木アンテナとは?

八木・宇田アンテナ(やぎ・うだアンテナ)は、八木秀次、宇田新太郎によって開発されたアンテナの一種である。一般には八木アンテナという名称で知られています。

主に、テレビ放送の受信用やアマチュア無線用などに利用されます。

一番後に反射器、その前に輻射器(給電しているエレメント)、その前に導波器を並べた構造になっています。このアンテナは指向特性があり、その方向は反射器から導波器の方向になります。

輻射器として一般には半波長ダイポールアンテナまたは折返しダイポールアンテナが用いられます。導波器は棒状で輻射器よりも短く、反射器は同形状で輻射器よりも長い。 今日のVHF帯以上の実用的な構成としては、反射器は通常1素子を、導波器は複数を用いて指向性を鋭く、アンテナの利得を高くするようにしています。

電波を受信する際、素子数が少ないほど利得が小さく近距離受信に向いており、逆に多いほど利得が大きく遠距離受信に向いています。一般的に放送区域内のUHFテレビ放送受信(アナログ放送・デジタル放送共に)には14素子程度のテレビアンテナを地上10メートルの高さで受信します。ただし、テレビ放送受信用の場合VHFで12素子、UHFで30素子を越えるテレビアンテナは存在しません。一定の素子数を越えると利得が頭打ちとなるためです。

送信アンテナから近く、十分に電界強度がある地域でも、素子数の多いアンテナを使う方がよいことがあります。ビル街や地形などによりマルチパスが生じている場合です。素子数が多いアンテナは指向性が鋭いので、マルチパスの影響を受けにくくなるからです。指向性を鋭くするには、素子数の多いアンテナを使う以外に、スタックを組む方法もあります。水平面の指向性を鋭くするには水平スタックを組み、垂直面の指向性を鋭くするには垂直スタックを組みます。
 

何故八木アンテナと呼ぶのか?

  八木秀次は当時東北大学の教授で、このアンテナの基本となる原理を発見しました。しかし、八木自身はその応用にはあまり興味がなかったので、当時八木研究室にいた講師の宇田新太郎に実用化のための研究をさせ、1928年に八木・宇田の連名で論文が出されました。しかし、特許が八木の単独名で国内外に出されたため、日本国外の人々が"Yagi antenna"と呼ぶようになり、日本でもそれに従って八木アンテナと呼ぶようになりました。後年、事情を知る人達が「八木・宇田アンテナ」と呼ぶべきと主張し、最近の学術書などでは八木・宇田アンテナと記述しています。

八木・宇田アンテナは日本の学会ではほとんど注目されませんでした。しかし、欧米の学会、そして軍部がこれに注目し、その技術を応用してレーダーを開発しました。1942年、日本軍がイギリスの植民地だったシンガポールを占領したとき、見たこともないアンテナ装置を発見し、捕虜のイギリス兵が持っていた技術書の中に"Yagi"という文字を見つけ、大変驚嘆したと言われています。
 

(参考:Wikipedia)
 
このページのTOPへ

問い合わせ・申込 お電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル 0120-707-999

テレビアンテナ工事

お得で安心のサービス

アンテナ工事事例

アンテナ設置の基礎知識

もっと地デジ!

お悩み一覧(FAQ)

工事クイックお役立ち情報

お問い合わせ

このサイトについて・そのほか





棟梁グループのポータルサイトはこちら