地デジのテレビアンテナ工事、設置、取り付け依頼は、遠くにある工事店よりもお近くのテレビアンテナ工事店が安心!工事クイック東京

地上デジタル放送アンテナ工事、地デジ改修工事は工事クイックへ!戸建て、マンション、共同住宅など様々な建物形態に対応します。BSや110度CSデジタル、スカパー等の各種アンテナ工事も!

お電話でお気軽にお申し込み!0120-707-999へどうぞ!
工事のお申し込み・無料見積はこちら!
Home / お悩み一覧(FAQ) / 地上アナログ放送のお悩み一覧

テレビアンテナ工事のことでお悩みですか? 地上アナログ放送のお悩み一覧

まずは無料アンテナ診断をしてみましょう!
工事クイック.comでは、地上波のテレビアンテナ工事に使用するアンテナの種類(VHF8素子・10素子・12素子、UHF14素子・20素子)について、電波状況を確認し最適な素子数のテレビアンテナ工事を行います。素子数により工事料金が変わることはありません。通常は素子数によりテレビアンテナの工事料金が変わりますが、工事クイック東京では料金を素子数に関わらず統一とさせていただいております。
※長距離型(マスプロ製のLSシリーズなど)の場合に限り料金が異なります。



Q
地上アナログ放送を見る為に新しいテレビアンテナを取付たい!

杉並区に住んでいます。
新築の家で地上アナログ放送を見たいのですが、地上デジタル放送対応のUHFアンテナを設置しないと見られないのでしょうか?
アンテナ設置状況:なし

A
地上アナログ放送だけですので、VHFのアンテナ工事でOKです。ただ、新設の場合は今後の地上デジタル放送移行も踏まえて、料金もお得で屋根への負担が一度ですむVHFアンテナ・UHFアンテナ同時取付工事をオススメします。

VHFアンテナの新設
料金:19,000円(税別)~
サービス内容:
電波調査(レベル測定)・アンテナ選択・設置工事及び調整・テレビチャンネル設定・アンテナ本体(VHF8素子、10素子、12素子のいずれか)・屋根馬・ポール・支線・支線止め・支線アンカー・同軸ケーブル15m・その他消耗部材

お申込

このページのTOPへ

Q
地上アナログ放送は地域によってテレビアンテナの種類が違う?

小平市から八王子市に引っ越しました。
小平市の時は地上アナログ放送をVHFアンテナで見ていましたが、八王子市ではUHFアンテナだけで見られるそうですが、本当でしょうか?
アンテナ設置状況:なし

A
八王子市の場合、地上アナログ放送をVHFアンテナで東京タワーから受信する地域と、UHFアンテナで八王子中継所もしくは多摩中継所から受信する地域があります。(正確には33チャンネル(八王子中継局)や49チャンネル(多摩中継局)でNHK総合が見られるようになります。)お客様がどちらの地区にお住まいか、工事クイック.comでお調べし、最適なアンテナをご案内いたします。

無料調査
料金:無料
サービス内容:ご相談・電波調査(レベル測定)・お見積り
お申込

このページのTOPへ

Q
地上アナログ放送と放送大学を見られるテレビアンテナは?

葛飾区の集合住宅から、江戸川区の一戸建てに引っ越すことになりましたが、引っ越す先にアンテナがありません。
葛飾区では地上アナログ放送と放送大学を見ていました。引っ越し先でも同じ放送を見たいのですが、どのようなアンテナを設置すればいいのでしょうか?
アンテナ設置状況:なし

A
葛飾区の集合住宅の時は、VHFアンテナと東京タワー向けのUHFアンテナで見られていたようです。 引っ越し先の江戸川区でも同様に地上アナログ放送と放送大学を見るにはVHFアンテナとUHFアンテナが必要です。このUHFアンテナは葛飾区の時と違い、地上デジタル放送も受信できるようになります。まさに一石二鳥ですね。

VHF+UHFの新設
料金:28,500円(税別)~
サービス内容:
電波調査(レベル測定)・アンテナ選択・設置工事及び調整・テレビチャンネル設定・アンテナ本体(UHF14素子、20素子・VHF8素子、10素子、12素子のいずれか)・屋根馬・ポール・支線・支線止め・支線アンカー・同軸ケーブル15m・その他消耗部材

お申込

このページのTOPへ

※工事料金は現場により変更(特殊な形状の屋根、電波レベル低下によるブースター設置etc)になる場合がありますので予めご了承下さい。但し現在までの工事実績では上記工事代金内で80%以上が問題なく工事完了となっております。

問い合わせ・申込 お電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル 0120-707-999

テレビアンテナ工事

お得で安心のサービス

アンテナ工事事例

アンテナ設置の基礎知識

もっと地デジ!

お悩み一覧(FAQ)

工事クイックお役立ち情報

お問い合わせ

このサイトについて・そのほか





棟梁グループのポータルサイトはこちら